北海道大学情報基盤センター

A
A
A
JOINT RESEARCH
HOME > 共同研究 - 2019年度 北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究の成果として発表された学術論文

2019年度 北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究の成果として発表された学術論文

著者名 論文題名 発表等
横山 博一
大島 伸行
佐々木 克彦
黒田 明慈
武田 量  他
医療人のための流体力学入門 INNERVISION
2019年4月~現在(連載中)
R. Takeda
M. Genma
K. Sasaki
Development of Knee Joint Finite Element Analysis Model considering Ligament Geometry and Material Properties ISB/ASB 2019, Calgary, 2019, p.3-1114

Tamami Maruyama
Kosei Ozeki
Noriharu Suematsu
Hiroyasu Sato
Mizuki Motoyoshi
Manabu Omiya
Analysis and Measurement of Diode Mounting Meta-surface for Reflection Beam Control ICEAA IEEE AWPC, No.720, pp.349-352, 2019
Tamami Maruyama
Q. Chen
N. Suematsu
Applied Reflectarray based on Metasurface for Wireless Power Transmission Efficiencies IEEE ICECOM 2019, s_34_3
丸山 珠美 ワイヤレス電力伝送効率のためのメタサーフェス応用関する研究 信学技報, vol. 119, no. 333, WPT2019-44, pp.1-4
2019 年 12 月
Tamami Maruyama Energy Harvesting Rectenna Applying the theory of Yagi-Uda Antenna the International Symposium on Antennas and Propagation
ISAP 2019,vol.1, No. 607, 2019
丸山 珠美 八木宇田アンテナを応用したエネルギーハーベスト用レクテナの解析 信学技報, vol. 119, no. 74, WPT2019-19, pp. 47-50
2019 年 6 月
Tamami Maruyama
Yuji Koita
Design and analysis of EV running using WPT on microwave guide with slot for snow melting AWPT2019, 2019 Asian Wireless Power Transfer Workshop, FP-13, 2019
丸山 珠美
小板 侑司
ワイヤレス電力伝送効率のためのレクテナアレーに関する研究 信学技報, vol. 119, no. 379, WPT2019-173, pp. 125-127
2020 年 1 月
丸山 珠美
小板 侑司
八木宇田アンテナ応用によるワイヤレス電力伝送効率 電子情報通信学会 総合大会 2020, B-1-56.
小板 侑司
大野 寿紗
丸山 珠美
マイクロ融雪のための右手系左手系導波管配列に関する電磁界解析を用いた研究 信学技報, vol. 119, no. 465, WPT2019-67, pp. 49-51
2020 年 3 月
影近 巧
大島 功三
村本 充
大宮 学
マイクロ波加熱における三層構造触媒の誘電率に関する考察 第25回高専シンポジウム in Kurume,PC-16
2020年1月25日
影近 巧
大島 功三
大宮 学
村本 充
PfGAを用いたマイクロ波加熱における三層触媒形状の最適化に関する考察 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム,2-10
2020年2月27日-3月4日
Keiichi Itoh
Kazuma Takita
Masaya Kumata
Hideaki Matsuda
Masaki Tanaka
Hajime Igarashi
Development of Novel Dielectric Cover for Millimeter-wave Band Waveguide Slot Array Antenna 22nd International Conference on the Computation of Electromagnetic Fields (Compumag2019)
Paris, PD-M4-13(2019-7)
滝田 和真
田中 将樹
伊藤 桂一
ミリ波導波管スロットアレーアンテナ用誘電体カバーのトポロジー 最適化 2020年電子情報通信学会総合大会,C-15-16,p.211 (2020-3)
Keiichi Itoh
Kohei Shida
Hajime Igarashi
Study on performance improvement of waveguide power divider using evolutionary method 38th JSST Annual International Conference on Simulation Technology (JSST2019), pp.264-266(2019-11)
佐藤 裕汰
田中 将樹
伊藤 桂一
佐々木 友之
THz液晶デバイスのトポロジー最適化に関する基礎的検討 2020年電子情報通信学会総合大会,C-15-17,p.212 (2020-3)
西川 拓次
大島 功三
村本 充
大宮 学
下水道管内部の伝搬損失特性に関する研究 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム, 1-07
2020年2月27日-3月4日
西川 拓次
大島 功三
村本 充
大宮 学
下水道管の構造変化による電波伝搬特性への影響に関する研究 第25回高専シンポジウム in Kurume, PC-15
2020年1月25日
西川 拓次
大島 功三
村本 充
下水道管の寸法変化による電波伝搬特性への影響に関する研究 令和元年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 68
2019年11月
柴田 啓佑
大島 功三
村本 充
ESAMを用いた到来方向推定の一検討 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム, 1-10
2020年2月27日-3月4日
古家 駿
大島 功三
村本 充
粒子群最適化手法を用いた到来方向推定に関する一検討 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム, 1-08
2020年2月27日-3月4日
林 優太
工藤 宏斗
大島 功三
村本 充
近傍波源の2次元到来方向推定における演算量削減についての一検討 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム, 1-06
2020年2月27日-3月4日
古家 駿
大島 功三
村本 充
到来方向推定におけるPSOのパラメータ最適化に関する検討 第25回高専シンポジウム in Kurume, PC-18
2020年1月25日
工藤 宏斗
大島 功三
村本 充
染色体数可変GAを用いた近傍波の2次元到来方向推定における演算量削減に関する一検討 第25回高専シンポジウム in Kurume, PC-11
2020年1月25日
工藤 宏斗
大島 功三
村本 充
染色体数可変GAを用いた近傍波の2次元到来方向推定に関する一検討 令和元年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 71, 2019年11月
古家 駿
大島 功三
村本 充
PSOを用いた到来方向推定の精度改善に関する研究 令和元年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 70, 2019年11月
柴田 啓佑
大島 功三
村本 充
近接波到来方向推定における推定値補正法の比較検討 令和元年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 69, 2019年11月
岩本 柊平
有働 明未
大島 功三
村本 充
染色体数可変GAを用いた組み合わせアンテナの自動設計に関する一検討 令和元年度IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム,1-05
2020年2月27日-3月4日
岩本 柊平
大島 功三
村本 充
染色体数可変GAによる線状アンテナの解析手法の一検討 第25回高専シンポジウム in Kurume, PC-13
2020年1月25日
岩本 柊平
大島 功三
村本 充
染色体数可変GAによる線状アンテナの自動設計時の素子数の一検討 令和元年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 72, 2019年11月
Atsuko Takefusa
Shigetoshi Yokoyama
Yoshinobu Masatani
Tomoya Tanjo
Kazushige Saga
Masaru Nagaku
Kento Aida
Virtual Cloud Service System for Building Effective Inter-Cloud Applications Proc. IEEE CloudCom 2017, pp. 296-303
2017 年 12 月
Hatta, T.
Sawahara, M.
and Chiba, K.
Many-objective Multidisciplinary Evolutionary Design for Hybrid-wing-body-type Flyback Booster on an Entirely Automated System EUROGEN, Guimaraes, Portugal, 12-14 September, 2019
Hatta, T.
Sawahara, M.
Chiba, K.
Obayashi, S.
Fully Automated Optimum Design under an External Computer Environment 16th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, 6-8 November, 2019
Chiba, K.
Hatta, T.
Kanazaki, M.
Hypothesis Verification for Designing Flyback Booster by Analysis of Variance Visualized on Triangular Matrix Representations The 5th International Conference on Data Mining and Big Data, Belgrade, Serbia, 14-20 July, 2020
Chiba, K.
Sawahara, M.
Kanazaki, M.
A Wholly Automated Optimization System Regardless of Computing Platforms for Evaluating Aero/aerothermodynamic Performance 14th World Congress on Computational Mechanics, Paris, France, 19-24 July, 2020
Osawa, R.
Watanabe, S.
Hiroyasu, T.
Hiwa, S.
Performance Study of Double-Niched Evolutionary Algorithm on Multiobjective Knapsack Problems 2019 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI2019),pp. 1793 – 1801),Xiamen, December, 2019
Miyamoto, M
Watanabe, S
A New Approach to Generate Solutions Combining Crossover and Estimation of Distribution Operators for EMO Algorithm 2019 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI2019),pp. 2088 – 2095,Xiamen, December, 2019
吉田 慎之介
金崎 雅博
極超音速域の鈍頭物体二体問題に対する非構造重合格子法の適用 第 51 回 流体力学講演会/第 37 回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,1D09(JSASS-2019-2068-A),東京,2019年7月
田邉 鉄 AI 通訳のいる時代の言語教育 漢字文献情報処理研究会 2019サマーカンファレンス, 北海道大学
小野 真嗣 テキスト処理を援用した語学教育とプログラミング指導の試み 漢字文献情報処理研究会 2019サマーカンファレンス, 北海道大学
三河 佳紀
小野 真嗣
曽我 聡起
田邉 鉄
新谷 洋介
小島 洋一郎
プログラミング的思考の指導に関する研修会開 催報告 -高専における情報教育を中心に- 第25回高専シンポジウム in 久留米 発表予稿集』PD-18., 久留米シティプラザ
Hiroki Kashiwazaki
Hiroki Takakura
Shinji Shimojo
Resilience Evaluations of a Wide-area Distributed System with a SDN-FIT system 2019 International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM), Paris, France, 2019, pp.1-8
Y. Fujita
A. Inomata
H. Kashiwazaki
Implementation and Evaluation of a Multi-Factor Web Authentication System with Individual Number Card and WebUSB 2019 20th AsiaPacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS), Matsue, Japan, 2019, pp. 1-4. doi: 10.23919/APNOMS.2019.8893134
Hiroki Kashiwazaki
Shinnosuke Miura
Hiroki Takakura
Shinji Shimojo
Implementation and Evaluation of a Multi-Factor Web Authentication System with Individual Number Card and WebUSB Proceedings of the 48th meeting of the AsiaPacific Advanced Network, pp.2–11, ISSN:2227-3026 (2019)
Hiroki Kashiwazaki
Shinnosuke Miura
Shinji Shimojo
A Proposal of SDN-FIT System to Evaluate Wide-Area Distributed Applications Based on Exhaustive FIT Scenario Generation 2019 IEEE 43rd Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC), Milwaukee, WI, USA, 2019, pp. 36-41. doi:10.1109/COMPSAC.2019.10180 (2019)
Hiroki Kashiwazaki
Hiroki Takakura
Shinji Shimojo
Omission Approach of SDN-FIT evaluation to evaluate wide area distributed applications インターネットと運用技術シンポジ ウム論文集, Vol.2019, pp.17-24 (2019)
J. Singh
W. Horiuchi
L. Fortunato
A. Vitturi
Two-neutron correlations in a Borromean system 20C+n+n: Sensitivity of unbound subsystems Few-Body Systems 60:50-1-14 (2019)
S. Satsuka
W. Horiuchi
A. Vitturi
Emergence of nuclear clustering in electric-dipole excitations of 6Li Physical Review C 100, 024334-1-12 (2019)
J. Singh
J. Casal
W. Horiuchi
L. Fortunato
Exploring the possibility of two-neutron halo formation in the ground-state of 29F within a three-body model Physical Review C 101, 024310-1-7 (2020)
J. Singh
W. Horiuchi
L. Fortunato
Impact of uncertainties of unbound 10Li on the ground state of two-neutron halo 11Li Proceedings of the 24th European Conference on Few-Body Problems in Physics (EFB2019), SciPost Physics Proceedings 3, 007.1-9 (2020)
W. Horiuchi
S. Satsuka
Electric-dipole transitions in 6Li with a fully microscopic six-body calculation Proceedings of the 24th European Conference on Few-Body Problems in Physics (EFB2019), SciPost Physics Proceedings 3, 022.1-10 (2020)
H. Moriya
W. Horiuchi
J.-M. Richard
Three-body correlations in mesonic-atom-like systems” (refereed) Proceedings of the 24th European Conference on Few-Body Problems in Physics (EFB2019), SciPost Physics Proceedings 3, 051.1-9 (2020)
J. Singh
W. Horiuchi
L. Fortunato
A. Vitturi
Three-body description of 2n-halo and unbound 2n-systems: 22C and 26O accepted for publication in JPS Conference proceedings, in press, arXiv: 1909.11262. Proceedings of the 13rd International Conference on Nucleus-Nucleus Collisions (NN2018)
Y. Chiba
M. Kimura
Hoyle-analog state in 13C studied with antisymmetrized molecular dynamics Rev. C 101, 024317 (2020)
T. Baba
M. Kimura
Coulomb shift in the mirror pair of 14C and 14O as a signature of the linear-chain structure Phys. Rev. C 99, 021303 (2019)
R.Imai
T.Tada
M.Kimura
Real-time evolution method and its application to the 3α cluster system Phys. Rev. C 99, 064327 (2019)
Y. Taniguchi
M. Kimura
12C+16O molecular resonances at deep sub-barrier energy Phys. Lett. B800, 135086 (2020)
H. Masui
W. Horiuchi
M. Kimura
Two-neutron halo structure of 31F and a novel pairing antihalo effect Phys. Rev. C 101, 041303(R) (2020)
T. Sato Neutrino reaction and neutrino interaction with nucleon Neutrino Nuclear Responses 2019(NNR19) for double beta decays and Astro Neutrinos, May 8-9, 2019, RCNP, Osaka,Japan
T. Sato Neutrino induced pion production Neutrini and nuclei, challenges and opportunities for nuclear theory, May 27-31, 2019 ECT*, Trento, Italy
T. Sato DCC (coupled-channels) models NuSTEC workshop on Neutrino-Nucleus Pion Production in the Resonance Region, Oct. 2-7, 2019, University of Pittsburgh, USA
W. Horiuchi Clustering in nuclear and kaonic systems with correlated Gaussian method International workshop: “Clusters in quantum systems: from atoms to nuclei and hadrons” [Tohoku University, Sendai, Japan, 2019.1.28-2.1]
M. Kimura Shape of light clustered nuclei Light clusters in nuclei and nuclear matter: Nuclear structure and decay, heavy ion collisions, and astrophysics [ECT*, Trento, Italy, 2019.9.2-6]
W. Horiuchi Recent developments and applications of the Glauber theory to medium- and high-energy nuclear reactions The 4th International Workshop on Quasi-Free Scattering with Radioactive-Ion Beams (QFS-RB19) [Maresias Beach Hotel, Maresias, Brazil, 2019.10.13-18]
W. Horiuchi
S. Hatakeyama
Complete evaluation of the Glauber amplitude for proton-nucleus inelastic scattering The 14th Asia-Pacific Physics Conference (APPC2019) [Borneo Convention Centre Kuching, Kuching, Sarawak, Malaysia, 2019.11.17-21]
W. Horiuchi Many-body correlations in nuclear systems studied with few-body models Mini-workshop on “Clustering physics and few-body approaches for tensor correlations” [YITP, Kyoto, Japan, 2019.11.28]
川瀬 達也
宮田 純子
馬場 健一
山岡 克式
緊急時三元トラヒックにおける上限呼損率の特性解析 IN2019-49,pp.25-30 (2019 年 12月)
宮 太地
大島 浩太
北口 善明
山岡 克式
低電力アドホックネットワークにおける通信中継負荷の分析 電子情報通信学会技術報告,IN2019-94, pp.109-114 (2020 年 3月)