サイバーセキュリティセンター
   
サイバーセキュリティ基本法の成立などの社会情勢の変化を踏まえ、2015年10月より、情報基盤センター内にサイバーセキュリティセンターを設置いたしました。 同センターは、従前、情報セキュリティ委員会・情報環境推進本部・情報基盤センターなどの複数組織の相互連携のもとで維持されてきた本学のサイバーセキュリティについて、中核となる活動拠点として位置づけ、学内CSIRT(Computer Security Incident Response Team)としての活動はもとより、サイバーセキュリティに関する研修・啓発活動も含む広範囲な実務を、同時期に設置された情報基盤センターサイバーセキュリティ研究部門を中心に取り組んでまいります。

                

サイバーセキュリティセンター長からのメッセージ
   
「サイバーセキュリティ」が包含する対象は極めて広く、かつ、曖昧ですが、コンピュータあるいはコンピュータネットワーク内にある守られるべきものを対象とすることは間違いないようです。
情報環境推進本部ならびに情報基盤センターは、これまでにもさまざまな形で、サイバーセキュリティの維持に努めてきましたが、組織体系や責任体制が明確ではなく、都度都度の対応に終始することもありました。

諸情勢を踏まえ、本学におけるサイバーセキュリティの維持、ならびに技術面・運用面での啓発活動の司令塔として、サイバーセキュリティセンターが情報基盤センター内に置かれることとなり、僭越ながらセンター長の任に就くこととなりました。

同時に置かれることとなったサイバーセキュリティ研究部門の活動に比して、より実践的な活動成果が期待されるものと思いますが、モバイル環境が普及し、USBメモリのようなストレージデバイスが小型化された今日、セキュリティの維持管理を学内1か所で制御するなど、到底不可能であり、
全構成員による不断の留意があればこそ、本学全体のサイバーセキュリティレベルの維持ならびに向上が実現できると考えます。

当センターの活動に対し、ご理解とご支援を頂けますよう、お願い申し上げます。